お薬には副作用があり使用上の注意を守り効果的にご利用下さい。

医薬品を正しく使って健康に!

 病気やケガなどの治療など、皆さま健康を守るために大きな役割を果たすのが医薬品ですね。
健康ではあるが年齢と共に起こりうる機能障害(薄毛、ED等)、美容(シミ、シワ取り)等の体機能改善するためにも積極的に医薬品が使われるようになりました。

副作用においては漢方やサプリメントでも起こりうるように医薬品でも稀に発生する期待とは異なる効能がリスクとなる場合はあります。

必要な医薬品(成分)が分かっているなら、海外ジェネリックが活用できます。

各医薬品には服用方法や禁忌事項などがありますので、決められた用法用量で正しく使用する事が求められています。

▼フィンカ―5M
*フィナステリド

▼カマグラゴールド
*フィナステリド

▼フィナステリド1M
*フィナステリド

▼タダシップ20MG
*タダラフィル

▼ロニタブ(5mg/10mg)
*ミノキシジル

▼タダリスSX
*タダラフィル

一般的なお薬の服用方法知識

普段、服用しているお薬にも必ず副作用があります。
例えば風邪薬でも沢山の副作用が明記されているのは意外に知られていません。
*以下は某、ドラッグストアー等での購入可能な風邪薬の説明書です。

副作用例

1つの錠剤に複数の「成分」と「副作用」が確認できるかと思います。
一般的には医薬品は「安全性」の確認がされていますが、患者さんの体調やお薬の相性など様々な要素により副作用が出る場合があります。

サプリメント等にも副作用が懸念されるように医薬品も同様です。
稀にでも発生するリスクは明記されています。

一度に大量服用であったり他の医薬品との併用、別の病気で通院中の方であったりと用法用量を守らない場合も副作用が強く出る場合があります。

服用時間について

お薬によっては胃の中の食べ物の有無で適切に効果が得られない場合があります。
服用タイミングを良く確認してください。
「食前」「食後」「食間」「頓服」についてもお薬服用時に注意が必要です。

服用のタイミング

食前:食事の30~60分前
食後:食事が終わってすぐに服用でも良いですが、食事後の30分以内が好ましい

食間:食事の2時間後に服用する。
   *これが間違えやすく食事の最中ではなく、「食事と食事の間」という意味合いです。

食直後:食事を終えてから5分以内。
     *食事と一緒に体に医薬成分が吸収される必要があります。用法を守らないと副作用が強くでたり胃に負担をかけたりします。

食直前:食事を始める5分前。
    *食事に影響を受けるように考えられたお薬で、糖尿病薬などは直前に飲まないと血糖値が抑えられない等。

頓服(とんぷく):必要な時に服用します。医師の指示で服用してください。
          *痛み止め、下剤、睡眠薬、発作、発熱などで「頓服」の指示が出される事があるようです。

就寝前:布団に入るおよそ30分前

服用方法を間違えると、まったく効果が出ない場合があります。

副作用を強くするもの

複数のお薬を服用する場合は特に注意が必要です。
例えばED治療薬の効能は血圧に影響するものが殆どすので、血圧が異常な方、血圧調整薬の服用中などですと大変危険です。
複数の治療を行っている方は注意してください。

また、健康食品や漢方などもそうですが、お酒、コーヒー、牛乳、グレープフルーツジュースなどもお薬の効果に変化を及ぼすことがあります。
お薬は基本、お水かぬるま湯で飲むようにして下さい。

グレープフルーツなどの柑橘系フルーツの皮にはお薬の副作用を強くする作用が含まれています。



各飲み物においての作用が様々な影響を与えます。

お酒(アルコール):中枢神経への影響、薬の吸収、代謝の速度を変える

コーヒー:胃酸分泌作用、利尿作用、肝臓の代謝酵素への作用

牛乳(乳製品):胃に膜を作るためにお薬の吸収の阻害

グレープフルーツジュース:薬物の血中濃度を上昇

高齢者のお薬の服用は特に注意してください。

年配の方やお体に問題がある方は、よく複数のお薬を同時に服用している場合があります。

血圧や心臓の薬💊などは使用期間も長くなり、体調によっては肝臓や腎臓の働きが弱くなっている場合も考慮が必要です。
思いがけずに強く作用がでたり、副作用もでる可能性が高い傾向がありますので、使用上の注意は良く確認してください。

若い時は問題が無くとも、高齢になると思いがけない副作用が発生する事もあります。

お薬の相談窓口

PMDAくすり相談((独)医薬品医療機器総合機構(PMDA) 内)
電話番号:03-3506-9457
受付時間:月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く) 午前9時~午後5時
都道府県・日本薬剤師会・都道府県薬剤師会の相談窓口は相談窓口一覧をご覧ください。

人気お薬ガイド【薬通販ホスピタルサービス】
タイトルとURLをコピーしました