tadacip

タダシップ通販

tadacip

タダシップ(Tadacip)20mgとは?

タダシップとは、インドの大手製薬会社シプラ(cipla)社が製造・販売しております。
海外ジェネリックを利用されている人には知名度が高いシプラ社製です。
時価総額も6,135憶円の大手製薬会社ですのでご安心下さい。

シプラ社情報
シプラ社情報

タダシップは特許が終了した先発薬シアリスの成分「タダラフィル」のお薬です。

ジェネリックである事と、製造国がインドという事で低コスト製造ができるため非常に安価通販が可能です。ネット注文でご自宅に届きますので面倒な事もなく継続利用ができます。

タダラフィルの特徴は、
・ED治療薬の中で効果持続時間が最長(最大36時間
副作用は特に起きにくい(他ED治療薬比較)
食事の影響を受けない。(800kcalまでが目安)

タダシップは「ウィークエンド・ピル」とも呼ばれ、土曜の夜に服用すれば日曜日まで勃起力の改善効果が持続する優れものです。
効果は長いのですが性的興奮が有って初めて勃起しますのでご安心ください。

タダシップを最安値を販売ページでチェック

タダシップの効果・効能とは?

タダシップの薬効成分の「タダラフィル」は日本でも認可済みのED治療薬の1つです。
日本では3種類のED治療薬が認可されています。「シルデナフィル」、「バルデナフィル」、「タダラフィル(タダシップ配合)」の3種類です。

そして、タダシップはED治療薬の中で最も新しいED治療薬です。
どのお薬も同じ効能でED原因の「PDE-5の抑制」をしてくれますが、効能の強さ、持続時間や服用の注意点が多少異なります。

PDE-5の抑制
PDE-5の抑制

他のED治療薬は空腹時の服用が必須ですが、タダシップにおいては800kcalまでの食事では影響がありません。

これまでのED治療薬の課題だった服用タイミングが改善されています。

「長い持効果持続時間」と「食事による効果が影響しにくい」

を殆ど気にする事が無くなっています。

タダシップの副作用

タダシップのデメリットの副作用は血流変化における、頭痛や火照りなどが1割程度の割合で発生するようです。
これらはタダシップの効果である「血管を広げる(男性器への血流)」の結果ですので、発生しても次第に収まります。
ですが、他のED治療薬と比べると格段に副作用は起きにくいようです。
タダシップは穏やか効果が発揮され、副作用も穏やかなので副作用が起きても非常に小さく気づきにくい点がメリットでは無いでしょうか。

お薬ですので稀に発生する副作用の表記もされています。
ご自身と関係あるか確認をしておいてください。


タダシップとの相性が悪い場合もありますので、そのような場合はカマグラもお試しください。

人気お薬ガイド【薬通販ホスピタルサービス】

コメント

タイトルとURLをコピーしました