Lonitab

ロニタブ通販

Lonitab

ミノタブとは?

「ミノタブ」というと「ミノキシジル・タブレット」の略称として定着しつつあるようです。
「ミノキシジル」の内服タイプですが、スプレータイプの薄毛・育毛剤と同じ成分としても認知度は高いのではないでしょうか。

このミノタブはドラッグストアー、薬局での購入が出来ない事もあり、薄毛治療が不要な人への知名度は低いかもしれません。
国内での通販での唯一の入手方法が海外通販になります。ミノキシジルはジェネリックとして、複数のメーカから販売されており、人気がある商品として「ロニタブ」という製品を紹介いたします。

このロニタブはインドのインタス(Intas)社製で腎臓や泌尿器系、心臓病薬などを様々なお薬を研究・開発・製造・販売している医薬メーカが製造しています。

インタス社とは?

この、ロニタブは育毛剤リアップなどと同成分のミニキシジルが配合されている薄毛治療薬です。

成分「ミノキシジル」は飲んでも、塗っても効果があるとして、こぞって各メーカは膨大な広告費を使って販売を展開しています。

しかしながら、毛成長のメカニズムは、毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化するとされているが、なぜ発毛につながるのかの、詳細は未だ分かっていない。

ミノキシジルは飲んでも塗っても効果があります
塗り薬は効果が低いですが、副作用が心配の方には選択肢として有りですね!

塗り薬は現状維持位を目標に使用すると良いですね。

AGAクリニックでも、まずは飲み薬が処方される事からも分かるかと思います。
まずは飲み薬から始め、長期服用が心配でしたら塗りタイプに切り替えても良いでしょう。

効果が高いため副作用として顔や体に産毛(うぶげ)が増えるかもしれません。

ロニタブ10mg
ロニタブを最安値を販売ページでチェック

ロニタブは何mgを飲めば良い?

一般的に5mg/日を水またはぬるま湯で服用します。

血液中の薬効成分の濃度を一定に保つために服用間隔を適切にあける、つまり毎日の服用時間はだいたい決まった時間にしましょう。

ロニタブは5mgと10mgの錠剤がありますが、値段差は殆どないようです
10mgを通販購入し分割使用でしたら安価に薄毛治療が継続できますね。

ロニタブはピルカッター等で分割して服用ができます。

ロニタブは女性にも効果あるのですか?

薄毛治療薬として効果が確認されている成分はミノキシジル、フィナステリドになります。

*ディタステリドもありますが、世界中で日本と韓国のみで承認されている成分です。
 実績が少ないという見解もあります。

この中で女性にも効果があるの医薬品は「ミノキシジル」だけです。

ちなみに、フィナステリド系は女性(胎児や乳幼児)に有害とされています。
女性には効果がなく胎児や乳幼児に悪影響を及ぼすので使用はしないでください。

ですが、ミノキシジル効能への男女差はなく、女性へも効果があるのが嬉しいですね。

  • 血行を促進する
  • ・毛母細胞(毛を作る場所)を活性化させる

参考資料:日本皮膚科学会から説明
 *皮膚科学会は主に皮膚科の医師や研究科で構成されています。利益誘導をした試験結果報告等の可能性もないとは言い切れませんので参考程度にして下さい。

ミノキシジル成分の詳細は「Wikipedia」もご確認してください。

権威ある学会でもロニタブ(ミノキシジル)は女性にも効果あり!と報告されています。

三越屋で会員登録で600円プレゼント
三越屋で会員登録で600円プレゼント

ミノタブを止めたらどうなる?止め時は?

ロニタブ」などのミノキシジルの利用を止めれば、利用開始前の頭髪環境に戻りますので基本的には薄毛が再度進行するとお考え下さい。

もし、副作用や身体の事が心配でしたら、服用量を少なくするなどの計画を立ててみてください。
止めた事で抜け毛が増えるかどうかでの調整も考えてみてください。
例えば「ロニタブは10mg」ならば、半分の5mgに分割するか5mg錠剤タイプに変更したり、2日1錠などでも良いかもしれません。

また、経済的な理由でのロニタブ(ミノタブ)を中止したい場合は錠剤の分割利用、服用頻度を少なくしてみるなどでも良いかもしれません。

例えば10mg/日から開始し、ある程度毛髪が増えたら5mg/日へ減薬するなど、頭髪の状態を見ながら調整をしてみませんか。

人気お薬ガイド【薬通販ホスピタルサービス】

コメント

タイトルとURLをコピーしました