import

海外から医薬品を通販で購入する時の注意点

import

安価な海外ジェネリックを購入する場合は「個人輸入」が必要だと言われ、一見、難しく感じているかもしませんが、本来は簡単に購入が可能です。
参考:個人輸入に関してはこちらもご覧ください。

ですが、この「個人輸入」と「通販での購入」には違いは基本はありませんが「ある一定の制限」があるだけです。
少量を自分のためにご購入されるのでしたら、以下を読まずとも「個人輸入をお手伝い」してくれるサイトから通販でご購入下さい。

会員登録で600円プレゼント

海外から医薬品を購入する時の注意点

海外からの医薬品の購入は基本的にはどんなお薬でも入手が可能です。
しかし、一部医薬品は禁止薬物として指定されております。対象医薬品の目安としては以下になります。

1.所持、使用が違法な医薬品
   *大麻、覚せい剤など

2.通常利用ならば問題ないが大量使用で別の効果を得る目的のお薬
   *治療服用でドラッグに似た効果が得られるお薬

3.睡眠薬など悪用が考えられるお薬

上記のようなお薬は、そもそも個人輸入の制限となっており、通常の個人輸入サイトでは、これらの商品の取り扱いもしておりません。

海外医薬品の通販では関税、消費税は不要

低価格の海外ジェネリックの更なる得点としては、国内で商品の購入やサービスを享受すると発生する商品税がかかりません。また、海外から輸入する場合に必要と思われる関税も基本は不要となるはずです。この税金の面でも「制限」の一環であり、大量な購入でなければ税金が不要です。

税金関係の細かな計算は国税局のサイト(#1)を確認いただければ良いですが、少なくとも医薬品の個人輸入代行サイト経由の場合は、16,666円を超えない金額ならば税金は不要です。(送料別)

海外ジェネリック薬品の通販で利用されるお薬としての多くは、国内では保険適用外のAGA(薄毛)、ED(勃起不全)、避妊薬、美容系クリーム等になるかと思いますが、これらを購入する場合に上記の金額を超えなければ無税で購入が出来ます。

海外医薬品は個人輸入量は1ヵ月を超えてはならない

上記の税金と関係してくるとは思いますが、個人輸入の制限として1度に通販購入をする数量は1か月分を超えてはならないとあります。
ですので、この数量制限を守っていれば、免税対象の16,666円未満の購入金額であるはずです。

ただし、複数の種類のお薬を同時購入する場合は、もしかしたら上記の金額を超える可能性もあります。
AGA治療薬、ED治療薬と、また彼女の分の避妊薬や美白クリームなどをまとめて購入する倍は注意が必要かもしれません。

彼氏のED薬を代わりに購入は出来ません

先ほどもありましたように、他の人の代わりに海外医薬品を注文する場合は免税範囲内の金額を超えてしまう場合があります。
ですが、もう一点の注意としては、そもそも個人輸入では譲渡が不可ですので、彼氏や父親の為に代わりにED薬の購入は出来なくなっています。
女性がED薬を購入した場合に税関で発見されても警察に捕まる事はありませんが、受け取り拒否される可能性が高いです。
代わりに購入という事は、「住所の受け取り人」が「他の人に渡す」と言事で、つまり「譲渡」に値するので、個人輸入の制限に抵触します。

送料無料の個人輸入サイトの選択

ここでは、海外医薬品の通販(個人輸入)の注意点のマトメとなりますが、一番楽なのは送料無料の個人輸入サイトを利用して、少量単位でご注文する事が良いでしょう。

個人輸入サイトとして実績がある「三越屋」も送料無料ですので、個別に注文しても支払い金額は同じです。

・1回目はED治療薬(カマグラ7箱(28日分)セット

・2回目はAGA治療薬(フィンペシア1箱

・3回目は受取人名は女性名で(緊急避妊薬)

などと、注文を分けて行えば、発送時は異なる配送になるので税関で問題となる事はないはずです。

参考サイト:

国税局サイト(#1)

人気お薬ガイド【薬通販ホスピタルサービス】

コメント

タイトルとURLをコピーしました