health

薬とサプリメント(健康食品)の違い

health

近年では、海外問題がある輸入製品として税関で処分されるのはサプリメントや健康食品が多くなっています。
医薬品は何か病気や身体の異常を治すも目的で使用されますので、本来は第一で利用されたいものです。ですが、医薬品というと副作用が強調されて手軽に利用ができない印象があるようです。
そこで自然に近い漢方や健康食品は多少値段が高くても健康志向が高い人には人気があるようです。

ですが、問題としては、よりハッキリとした効果を出すために医薬成分を混合されるなどで健康的な被害が懸念されています。

医薬品とサプリメントはどちらが安全?

医薬品とサプリメントはどちらが安全?

健康や美しさが足りないのは「ある栄養素」が不足していると感じサプリメントなどをうまく利用しています。漢方に近い健康食品なども取り入れられ、風邪もひかないし、体調も万全という人もいますし、人から勧められたサプリメントで症状が改善したと喜んでいる人もいます。

これらは雑誌やテレビなどの影響もあり、大げさに効果、効能を取り上げ、あたかもサプリメントや健康食品に医療効果があるかのように取り上げられてきました。

そして、明確にしておきたい事は、サプリメントと医薬品の違いです。

サプリメントと医薬品には確固たる違いがありますので、サプリメントを多く利用するようになった現代人にこそ、この違いを理解してほしいのです。

サプリメントは食品と大きな違いはありません

まずは、医薬品等というのは、人間(動物)が病気や怪我をしたときなどに治療や予防目的で使用されます。内服薬という飲むお薬、外用薬と呼ぶ塗るお薬、注射剤と呼ぶ注射するお薬など様々な形状のものがあります。
国内では、医療用医薬品と、一般に誰でも購入できる薬局等で販売される一般用医薬品があります。
サプリメントというのは、ダイエタリー・サプリメントという言葉を訳した言葉で、不足しがちな栄養素、ビタミンやミネラル、アミノ酸類などを補給する事、またハーブなどの植物の成分による薬効の発揮を目的とすると、狭義に明記されています。
また、栄養補助食品と呼ばれているもので、実は食品との区分が明確にあるわけではありません。厚生労働省では「特定成分が凝縮された錠剤やカプセル形態の製品」としていますが、広い意味では健康食品のひとつとして考えられています。

生薬、酵素、ダイエット食品などもサプリメントの一種です。
サプリメントはあくまでも栄養補助食品や健康補助食品と呼ばれるもので、お薬のように、病気の症状を改善、緩和するものとは区別されています。

また、薬機法による規制では、医薬品と誤認するような効果効能の表示をしないように義務付けられています。

なぜ医薬品との違いが分からない人が多いのか?

医薬品とサプリメントを分けるのは、厚生労働省の認可と、通称「薬機法」と呼ばれる法律です。
この薬機法では、サプリメントや健康食品には効果効能の表示は出来なくなっています。

これは、例えばグルコサミンやコラーゲンなど、美容に利用される成分なども健康食品の一種です。
ですが、医薬品としても、頭痛を和らげる、改善する、関節の痛みに効果がある、など、症状を改善、緩和するためにも使用されています。

風邪薬にビタミン類も含まれているので、ビタミンが風邪に効果があるとしてサプリメントを多用する人もでてきます。

このように必ずしも、間違いとは言えないが利害関係がある人達がサプリメントや健康食品が医療効果があるとする口コミや噂を抑止する理由は無いからではないでしょうか。

つまり間接的な要因を拡大会社くして、サプリメント等が薬と同等である事を知らしめたい力が働くのは当然なのでしょう。

サプリと薬の基準の違いなど

サプリと薬の成分量の違いなど

医薬品は各国持つ成分基準を元に開発されております。長期間と費用をかけて実験(臨床試験)で毒性の試験(人体に使用してよいか)が行われ、人体への試験も行われます。これらは結果をデータベースとして管理して国に報告が必要となっています。

*独立行政法人の医薬品医療機器総合機構に報告が義務付けられており、このような成分基準や厳しい試験をすべてクリアし、最後に厚生労働省で医薬品としての認可を得る必要があるのです。

また、既に使用されている医薬品の安全性についても、厚生労働省が医師・薬剤師向けの安全性情報を更新しています。

しかし、サプリメントにはこのような厳しい試験は必要はありません。効果・効能をパッケージに記載出来ない半面、そのような認可や試験は必要ありません。

医学的には食品なら安全なわけでも、天然成分由来なら安全というわけでもありません。そのため、思ったような効果効能が得られない場合や、予想もしない健康被害をもたらす可能性もあります。

一般に、健康食品とは「健康の保持増進に資する食品全般」が、またサプリメントとは「特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品」がそれぞれ該当すると考えられています。しかし、明確な定義がないため一般の消費者が認識している健康食品やサプリメントは、通常の食材から、菓子や飲料、医薬品と類似した錠剤・カプセルまで極めて多岐にわたります。

引用先:多様な健康食品

もちろん、サプリメントの中にはその効果効能が実証されたものも含まれているため、これらを見分けるのは利用者には難しいものです。

人気お薬ガイド【薬通販ホスピタルサービス】

コメント

タイトルとURLをコピーしました