Finpecia

フィンペシア通販

Finpecia

フィンペシアとは?

フィンペシアは通販で購入が可能なAGA(男性型脱毛症)の治療薬として絶大な効果と人気を誇る先発薬プロペシアと同成分の正規のジェネリック薬品です。
インドのシプラ社製になります。

商品名フィンペシア1㎎
成分フィナステリド
効果AGA(男性型脱毛症)治療
副作用そう痒症、蕁麻疹、発疹、リビドー減退、勃起能不全、射精障害などの副作用が生じる可能性があり。
用法フィンペシアは1日1回1錠を、だいたい毎日決まった時間に服用してください。
24時間周期で服用ができますと体内のフィナステリドの濃度が一定に保てるので、一番効果的と考えられています。
製造元シプラ社

フィンペシアはミノタブ系と効能が異なり抜け毛を防止するとしてAGAクリニックでも第一選択肢として処方されるかと思います。

シプラ社情報
シプラ社情報

薄毛治療クリニックでは、ほぼ100%処方されるAGA(男性型脱毛症)向けのお薬の成分です。

副作用は殆ど問題ありませんが、稀に副作用が起きる方もいますので、副作用について認識しておいてください。副作用が出ても服用を止めることで収まります。
ですが、フィンペシアは高いAGA治療への力を発揮するため初期脱毛の副作用が一番の悩みとAGA治療を開始するのか決断を遅らせるのではないでしょうか。

この初期脱毛の症状は薄毛発生のメカニズムの一部としても考えられています。
薄毛になってしまう患者の頭髪環境では「異常な毛根」が「抜けては生え」が早い周期で発生しています。ですが、この周期はフィンペシアでAGA治療を開始すると、異常な毛根が一度リセットされるため、問題のあった異常な毛根(毛髪)が、一度抜け落ちる過程におきる症状になっています。
ですので、初期脱毛は一度切りで次から生えてくる毛髪は健康的な毛髪で長生きする髪の毛になっています。

初期脱毛が発生するのは、フィンペシア効果がある証拠です。
1,2ヵ月我慢すれば、新たな元気な毛髪が生えてきます。


通常の男性型脱毛症の薄毛ならばフィンペシアを半年位は続けてください。

フィンペシア赤
最安値を販売ページでチェック

フィンペシアの赤と緑の違い

フィンペシア赤緑はどちらも御精着色料を使用していません

赤と緑の違いは赤が「国内版(インド国内)」で緑が「海外版(輸出用)」の違いです。

以前は赤フィンペシアは旧タイプで発がん性物質の合成着色料が使われていたとの噂がありました。
*キノリンイエローフリー

現在販売されているタイプはどちらも「キノリンイエローフリー」で発がん性物質が疑われた合成着色料は使われていません。

近年、流通しているフィンペシアはどちらの色でも同じです。

赤色のパッケージが国内向けで、海外向けは緑色というように色で販路を分けている程度のようです。

女性は副作用のみで使用不可のフィンペシア

フィンペシアだけでなく主成分フィナステリドは女性の使用ができません。

また、女性が服用しても効果は無い検証結果がでております。女性も利用できる服用タイプはロニタブがおススメです。

フィナステリドは男性型脱毛症へ効果があり、一種の男性ホルモンに作用をし抜け毛を防止します。

また、女性の服用においては妊婦や乳幼児に悪影響を及ぼす可能性があります。

残念ですが、フィンペシアは女性には効果もなく「毒」とも言われています。

三越屋会員登録で600円プレゼント

人気お薬ガイド【薬通販ホスピタルサービス】

コメント

タイトルとURLをコピーしました